チェーンソーアートで名所案内

久美浜町の小天橋一帯に、イルカやフクロウなどを彫った丸太の標柱があります。住民たちが地域の名所を案内するために設けた標柱で、動物のユニークさもあり、観光客の評判も上々です。湊地区活性化協議会が「名所巡りのきっかけになれば」と設置しました。チェーンソーアート

親しみやすい標柱にしようと、市森林組合にチェーンソーによる彫刻「チェーンソーアート」を依頼。長さ2メートル、太さ30センチの丸太の上部に、マンボウやコイ、クマ、ウサギなどの魚や動物が彫られています。設置場所は、冬の味覚・カキ養殖の発祥地やユウスゲの群生地、シイの巨木群、民話や伝承ゆかりの地など22カ所あります。 久美浜にお出での際は「チェーンソーアート」巡りしてみては如何でしょうか。チェーンソーアート2


banner_04.gif人気blogランキングへクリックおねがいします。
かに料理と温泉の宿泊は丹後・久美浜の宿 坂本屋旅館/民宿へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.sakamotoya.gr.jp/mt/mt-tb.cgi/358

コメントする

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログを購読

このブログ記事について

このページは、坂本屋が2013年10月 9日 10:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「秋の味覚/栗」です。

次のブログ記事は「今、かに料理を食すなら・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.22-ja