旬のコノシロを頂く

近所の漁師の方から久美浜湾のコノシロを頂いた。冬の寒さで脂が乗っていてとても美味しそうなコノシロです。コノシロと言っても馴染の無い魚のようですが、関東方面では中形のものは「コハダ」とよばれています。この魚は成魚のためコハダより小骨が多く刺身ではなく酢締めで食されることが多いのですが、本当のコノシロの美味しさを刺身で味わう人は少ないようです。 コノシロ

久美浜名産にコノシロを使った代表的な「コノシロ寿司」があり、江戸時代に徳川家康に献上した由緒ある一品として有名です。これは一般的な握り寿司や押し寿司とは違い、背開きをしたコノシロを酢〆にして、中に甘く味付けをした「おから」を詰めたものでトテモ美味しいです。お越しの際は是非一度ご賞味下さい。


banner_04.gif人気blogランキングへクリックおねがいします。
かに料理と温泉の宿泊は丹後のかに宿 坂本屋旅館へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.sakamotoya.gr.jp/mt/mt-tb.cgi/345

コメント(4)

meganeさん こちらこそありがとうございました。
今年はナマコは不漁のようですが、確かにコノシロは良いようですね。

こんにちは、先日はありがとうございました。
冬の「このしろ」おいしいですね、「今年のこのしろは大きい」と漁師さんが言っておられました。

伯爵さま ありがとうございます。
不精していてすいません。
今の時季のコノシロはよく脂が乗っているのですが骨が気になってしまいますが、骨を切るようにして捌いて大根おろしを副えてお刺身で頂くととても美味しいです。

こんにちは
こっぺはこっぺでうまいですよね
このしろ、いいですね
日本酒の味がわかってから青い魚がうまいなあと思えるようになりました

コメントする

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログを購読

このブログ記事について

このページは、坂本屋が2012年12月17日 08:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「坂本屋のご案内」です。

次のブログ記事は「かぶと山公園で春の自然を満喫」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.22-ja