但馬路をドライブ

植村直己冒険館前の街路樹久しぶりの爽やかな日差しに誘われるように神鍋方面へ車を走らせた。平日とゆうこともあり車は少なく、秋の風を体いっぱいに感じながら気持ちのいいドライブ。周りは木々が茂り木漏れ日が差し込む中に植村直己冒険館が目に飛び込んできた。久しく訪れる事はなかったが最近「植村直己」のTVに偉大さを実感したこともあり立ち寄ってみた。

植村直己冒険館植村直己冒険館は兵庫県豊岡市の植村直己記念スポーツ公園内にある博物館です。 国民栄誉賞を受賞した世界的冒険家・植村直己の偉業顕彰を目的として平成6年に開館しました。 遺族から寄贈された北極圏犬ゾリ単独行装備品を含む約300点の遺品や記念品、写真、映像などが展示されて、植村直己個人を紹介するとともに冒険における技術等を紹介しています。

植村直己冒険館植村直己が昭和59年に冬のマッキンリーで行方不明になってから長い年月が過ぎた今でもなお、世界中の人々に愛される彼の「生き方」を後世に語り伝えるための拠点です。 大地を切り裂くクレバスをイメージした通路を進み館内へ。展示室には、彼が実際に使用したピッケル、登山靴など約200点を展示。また、クライミングウォールや犬ぞり、テントに触れ冒険を疑似体験できるコーナーのほか、貴重な映像を上映するなど彼の「生き方」を感じることができます。


より大きな地図で かに料理と海水浴の宿 京都丹後の温泉旅行は旅館・民宿坂本屋 を表示

banner_04.gif人気blogランキングへクリックおねがいします。
かに料理と温泉の宿泊は丹後のかに宿 坂本屋旅館へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.sakamotoya.gr.jp/mt/mt-tb.cgi/300

コメント(6)

藤井さん おはようございます。
>神鍋高原に行く途中にありましたね。
バイパスを通常に通っていれば左側に見えてきます。
是非、一度訪ねてみてください。

お早うございます。
植村直己冒険館って
神鍋高原に行く途中にありましたね。
一度行ってみたいと思います。
ありがとうございます。

meganeさん こんにちは。
展示品や写真では植村直己さんの凄さは中々伝わりにくいとは思いますが、登山で実際に背負ったのと同じ重量のレプリカがあります。あまりにも重すぎて、とてもこれを背負って登山したとは予想もつきません。一度体験してみて下さい。

こんにちは、いつも有難うございます。植村直己冒険館、よく通りかかるのですが、行ったことないですね、一度言ってみたいと思いました、今度行きます。
冒険って、命をかけて、生きてる喜びを感じることなのでしょうか。

お米農家 内山農産のチカさん コメント有難うございます。
>歩くのがとても素敵な路ですね!
爽やかで気持ちいいです。紅葉したらもっと良い感じになると思います。
>素晴らしい登山家としてお名前は存じております^^
最近の若い方は知らないようですが、バイクや自転車等で全国を旅しいる人々の聖地のようになっているようです。

こんにちは。

歩くのがとても素敵な路ですね!
植村直己さんは兵庫県豊岡市のご出身でしたか。
素晴らしい登山家としてお名前は存じております^^

コメントする

お宿の紹介

松葉ガニ漁解禁
11月6日松葉カニ漁解禁。かに料理はタグ付き活松葉ガニから北洋カニまで、丹後で人気の坂本屋旅館。

アイテム

  • かぶと山山頂展望台3
  • Twitter
  • Facebook
  • ビーチノルディック大会
  • ビーチノルディック大会
  • ビーチノルディック大会でこっぺちゃんと
  • ビーチノルディック大会
  • かぶとやま展望台7
  • かぶとやま展望台6
  • かぶとやま展望台2

google+

facebook

「いいね!」お願いします。

トラックバック

Yahoo!天気情報

 

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログを購読

このブログ記事について

このページは、坂本屋が2011年10月28日 08:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「秋の花と言えば」です。

次のブログ記事は「但馬路をドライブ 2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.22-ja