お宿の紹介

坂本屋旅館 坂本屋旅館 丹後半島 京丹後市久美浜町で冬は温泉とかに料理、春・秋は豊富で新鮮な旬の海鮮料理、夏は海水浴の宿を営む主人 の日常の出来事を綴った便りです。

〒629-3423
京都府京丹後市久美浜町大向409
TEL:0772-83-0071
FAX:0772-83-0143
mail:sakamotoya@h6.dion.ne.jp

フィールドを取得

このブログのフィールドを取得

AtomAtom RSSRSS

« 久美浜湾の朝 | メイン | バルブ撮影に挑戦 »

二つの太陽

今日は気持ちの良い快晴であったが空が霞んでいる。秋の澄んだ空気のはずなのに不思議です。まさかこの時季に黄砂でも飛んで来ているのだろうかと思うほどの状態。そんな中、海に出てみると近くで見る海は青く澄んでいるが、遠くに目をやると矢張り霞んで見える。

日本海
晴れてはいるが海はかなり荒れていてサーファーも多く集まってきていた。
波
日が沈みだすと荒れた日本海の手前にある静かな水溜りに二つ目の太陽が姿を現せた。
太陽




banner_04.gif人気blogランキングへクリックおねがいします。


丹後にはええもん、うまいもんがいっぱい。
あじわいのある古民家宿をはじめ、牧場バーベキュースポット、19世紀の味の店
ボート免許が取れる場所など盛りだくさん。鯛めし京野菜などのごはんも充実。
手摘みのブルーベリーも要チェックです。開運印鑑琉球畳筆文字制作のご相談もお気軽にどうぞ。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sakamotoya.gr.jp/cgi/mt1/mt-tb.cgi/20

コメント (8)

umeda-tさんこんばんは。
>水溜りなんですね~
>湾内かと思いました。
正確には水溜りでなく川が海に入る手前で湾曲して流れが止まっているところです。
湾のように流れが無く穏やかな場所でした。

3枚目の写真
水溜りなんですね~
湾内かと思いました。
海にも少し移り込んでいますね。

joyokudaさん こんいちは。
>素敵な写真ばかりです。
ありがとうございます。
でも、絞りとか露出ホワイトバランスなど全て間違えてしまいました。調整がまだよく分かりません。
>ポータルサミット厄介をおかけすることと思いますがお連れにして下さい。
こちらこそ宜しくお願いします。参加人数が少ないですが、がんばりましょう。

素敵な写真ばかりです。
霞んだ海に、荒々しい波、そして綺麗な二つの夕日
三種三様でまたバランスがとれている。
勉強になります。

ポータルサミット厄介をおかけすることと思いますがお連れにして下さい。

meganeさん こんばんは。
夕陽の写真が上手く撮れませんでした。調べてみると夕陽の撮影方法を間違えていました。今度再挑戦します。

こんにちは、きれいな写真ですね、かすんでいるのはなぜでしょうね、3枚目水溜りの太陽、きれいに撮れています、最初文章を読まずに眺めていたら、何や分からずに、読んで初めて分かりました。

ガラススタジオ来夢さん コメントありがとうございます。
>海と湾?・二つの太陽、不思議な写真で好きなアングルです!
手前は湾ではなく海に流れ込んでいる川が蛇行して流れが緩やかになっている水の溜まり場です。あまり流れが無いので湾のように水面が穏やかです。

海と湾?・二つの太陽、不思議な写真で好きなアングルです!

坂本屋さんのように海に近く、毎日海を静かに見ていると

自然の変化などが身をもって感じられるのでしょうね!

暫く、じぃ~と見てしまいました(^^)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2019年02月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

About

2008年10月09日 08:36に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「久美浜湾の朝」です。

次の投稿は「バルブ撮影に挑戦」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

ブログのフィールドを取得

AtomAtom RSSRSS

[フィードとは]
Powered by
Movable Type 3.35