雪をまとった白梅 昨日からの雪の予報でも雪はちらつくだけで安心していたが、今日目を覚ますと久々に辺り一面の銀世界となっていてあっけにとられてしまった。 咲き始めた白梅も予期せぬ雪に身を縮めているようです。

雪をまとった白梅2

昼前になると気温も少し緩んだのか雪もみぞれ混じりとなり、道路の雪も溶けて道路状況も良くなってきた。 とは言うものの流石に久しぶりのこの寒さは身に応える。雪と白梅

白梅から雪の雫


banner_04.gif人気blogランキングへクリックおねがいします。
かに料理と温泉の宿泊は丹後・久美浜の宿 坂本屋旅館/民宿へ

kamo1.jpg 一月に入ってから10度を下回る寒い日々が続き、今日も雪の予報が出ていましたが時より薄日が差すとても穏やかな気候でした。今日の丹後地方は気温は4℃~5℃と低く日本海は波は高い状況ですが、久美浜湾はとても穏やかでカモの群れものんびりと水面を泳いでして心休まる瞬間です。


banner_04.gif人気blogランキングへクリックおねがいします。
かに料理と温泉の宿泊は丹後・久美浜の宿 坂本屋旅館/民宿へ

秋の終わりから、冬にかけての寒い時期に、花を咲かすサザンカが当館でも花を咲かせてきました。 サザンカと椿の違いは色々ある様ですが、一番の違いは、山茶花の花びらは1枚ずつ散りますが、椿は花ごと散ります。 坂本屋のサザンカも開花して「山茶花の宿」となってきました。sazanka

宿の前に植え付けたシクラメンも少しずつ大きくなり見応えもよくなってます。sikuramen


banner_04.gif人気blogランキングへクリックおねがいします。
かに料理と温泉の宿泊は丹後・久美浜の宿 坂本屋旅館/民宿へ

津居山かに山陰海岸の鳥取から丹後にかけては、ズワイガニのオスを「松葉ガニ」、メスを「セコガニ」や「こっぺ」などと呼びます。その中でも、「津居山かに」と名乗ることができるのは、津居山港に水揚げされたものだけです。日本随一の品質が自慢で、すらりとのびた長い足と美しい姿が特徴的です。

茹で松葉ガニ味の違いは食べてみれば歴然です。湯にくぐらせただけの「かにしゃぶ」でもおいしいのは、上質な津居山かにだからです。ずっしり詰まった甘い身を刺身・ゆでがに・かにすきなど様々な料理でご堪能して頂けます。炭火で焼く香ばしい焼きがに、濃厚なかにみそも美味です。

津居山かに2


banner_04.gif人気blogランキングへクリックおねがいします。
かに料理と温泉の宿泊は丹後・久美浜の宿 坂本屋旅館/民宿へ

happa.jpg いよいよ今日から11月が始まりました。気温も穏やかで爽やかな秋日和です。 普段通り過ぎている「如意寺」へ久しぶりに立ち寄ってみました。 境内は確実に秋の気配が感じられ季節の移り変わりを実感しました。

kinoko.jpg暫く続いた雨で苔も大きく青々と育ち、枯れ木の間からは小さな茸が姿を見せていました。

oagasa.jpg

周りの木々の紅葉も少しずつ始まっていて秋の深まりを肌で感じることができる風景となったいた。otiba3.jpg

ike-hana.jpg


banner_04.gif人気blogランキングへクリックおねがいします。
かに料理と温泉の宿泊は丹後・久美浜の宿 坂本屋旅館/民宿へ

10月だとゆうのに夏のような日が続いていたが、中盤をむかえやっと秋らしい気候になりました。太陽が昇る位置も海から山辺に傾き、日の出も遅く日の入りもあっとゆう間になりました。 秋の朝日

久美浜湾では太陽が西へ傾いたとたん釣瓶落としのように山に落ちていった。辺りは黄金色からオレンジ、紫へと染まり、やがて目の覚めるような赤に変わった。久美浜湾の夕日


banner_04.gif人気blogランキングへクリックおねがいします。
かに料理と温泉の宿泊は丹後・久美浜の宿 坂本屋旅館/民宿へ

松場かにの解禁まであとわずかですが、それまでにかに料理が食べたい方は紅ずわいかにがお勧めです。紅ズワイカニ

紅ずわいかには松葉かにより深い水深800~1,500mの深海に生息し、その名の通り甲羅全体が紅色をしています。一般的には紅かにと呼ばれています。解禁日が松葉かにより2カ月早いため、ひと足早くかに料理を食べることが出来ます。期間は松葉かにの解禁を挟んで来年の5月までお楽しみ頂けます。 紅ズワイカニフルコース

気になるお味もズワイガニとそれほどそん色はなく、瑞々しい甘さが特徴的です。日本海のこの周辺でしか味わえない地元の味を是非ご賞味ください。紅ずわいかに鍋


banner_04.gif人気blogランキングへクリックおねがいします。
かに料理と温泉の宿泊は丹後・久美浜の宿 坂本屋旅館/民宿へ

久美浜町の小天橋一帯に、イルカやフクロウなどを彫った丸太の標柱があります。住民たちが地域の名所を案内するために設けた標柱で、動物のユニークさもあり、観光客の評判も上々です。湊地区活性化協議会が「名所巡りのきっかけになれば」と設置しました。チェーンソーアート

親しみやすい標柱にしようと、市森林組合にチェーンソーによる彫刻「チェーンソーアート」を依頼。長さ2メートル、太さ30センチの丸太の上部に、マンボウやコイ、クマ、ウサギなどの魚や動物が彫られています。設置場所は、冬の味覚・カキ養殖の発祥地やユウスゲの群生地、シイの巨木群、民話や伝承ゆかりの地など22カ所あります。 久美浜にお出での際は「チェーンソーアート」巡りしてみては如何でしょうか。チェーンソーアート2


banner_04.gif人気blogランキングへクリックおねがいします。
かに料理と温泉の宿泊は丹後・久美浜の宿 坂本屋旅館/民宿へ

秋といえば食欲の秋ですよね!? 秋の味覚と言うと、秋刀魚、マツタケ、梨、さつまいも等が代表的なものですが、やはり旬な食材に恵まれる秋はよいものです。 秋の味覚「栗」皮を剥く作業はかなり大変なのですが、苦労した分出来上がった料理はよりいっそう美味しく感じるものです。特にこの時期に収穫される新米で作った栗ご飯は格別です。栗の実

更に、松茸のお吸い物が加われば最高なのですが、今年は豊作だと言っているのに国産の松茸は八百屋さん等では殆ど見かけません。


banner_04.gif人気blogランキングへクリックおねがいします。
かに料理と温泉の宿泊は丹後・久美浜の宿 坂本屋旅館/民宿へ

今日は地区の日役で草刈り作業。以前よりこの時期気になっていたのが「アケビ」 の在りか。幸いにも近くで見つけることが出来た。子供の頃食べた懐かしい食べ物です。アケビの実

完熟すると青色がより強くなり、皮がぱっくり縦に割れ、中身が露出します。 白かった実の部分は半透明になり、例えるなら「ゼリー状」になり、甘みは強く、すっきりした味がします。 口の中で甘い実だけを吸ったら、種は口からいきよい良く飛ばす。 これが田舎の子供の食べ方でした。


banner_04.gif人気blogランキングへクリックおねがいします。
かに料理と温泉の宿泊は丹後・久美浜の宿 坂本屋旅館/民宿へ

お宿の紹介

かに宿メダル
11月6日解禁かに料理のご予約を承っております。タグ付き活松葉かにからリーズナブルな北洋カニコースまで御座います丹後で人気のかに宿です。

アイテム

  • 白梅から雪の雫
  • 雪と白梅
  • 雪をまとった白梅2
  • 雪をまとった白梅
  • kamo1.jpg
  • sikuramen
  • sazanka
  • 津居山かに2
  • 茹で松葉ガニ
  • ike-hana.jpg

google+

facebook

「いいね!」お願いします。

twitter

Yahoo!天気情報

 

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログを購読

AtomAtom

AtomRSS

iGoogleにRSSを追加
iGoogleにRSSを追加!

My Yahoo!に追加
My Yahoo!に追加

Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!ブックマーク

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

Powered by Movable Type 4.22-ja