お宿の紹介

坂本屋旅館 坂本屋旅館 丹後半島 京丹後市久美浜町で冬は温泉とかに料理、春・秋は豊富で新鮮な旬の海鮮料理、夏は海水浴の宿を営む主人 の日常の出来事を綴った便りです。

〒629-3423
京都府京丹後市久美浜町大向409
TEL:0772-83-0071
FAX:0772-83-0143
mail:sakamotoya@h6.dion.ne.jp

フィールドを取得

このブログのフィールドを取得

AtomAtom RSSRSS

« 蓮寺 | メイン | 夏本番? »

お盆の灯籠

毎年、8月14日に坂本屋の宿の周辺の海辺に灯籠が並べられるのですが、今年も沢山の灯籠が並べられました。一昨年まではこの地区だけで行っていたのですが、昨年より対岸の地区も共同で行って頂けることとなり両岸でより多くの灯籠が約2時間に渡って海面に映し出され、揺らぐ炎の美しさは幻想的でたいへんきれいでした。

灯籠大橋側




banner_04.gif人気blogランキングへクリックおねがいします。

かに料理の宿泊は丹後のかに宿 坂本屋旅館へ

丹後にはええもん、うまいもんがいっぱい。
あじわいのある古民家宿をはじめ、牧場バーベキュースポット、19世紀の味の店
ボート免許が取れる場所など盛りだくさん。鯛めし京野菜などのごはんも充実。
手摘みのブルーベリーも要チェックです。開運印鑑琉球畳筆文字制作のご相談もお気軽にどうぞ。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sakamotoya.gr.jp/cgi/mt1/mt-tb.cgi/69

コメント (6)

伯爵 さん こんばんは。
>こういう美しい文化がある京丹後いいですね
田舎ならではの一体感がこのような行事を
可能にするのでしょうね。
お盆をこのような形で迎えられるのも
日本の良さだと思います。

こんばんは

綺麗な灯篭流しですね
こういう美しい文化がある京丹後いいですね

浜の路 臨江庵さん こんにちは。
忙しい時期にご苦労様でした。
お陰さまで湊大橋から水戸口辺りがとても幻想的で
素晴らしい雰囲気になっていました。
水路の両側の水辺に映る灯籠も又良いもんでした。

こんにちは。
2年前までは見物する側でしたが、昨年から参加です。
来年は坂本屋さん側の対岸からこちら側を眺めてみたいです。

meganeさん おはようございます。
>来年は覚えているといいのですが、行きたいと思います。
御出での節は声かけてください。
千日さんで出来なかった灯籠流しが行われるみたいですね。
楽しみです。

こんばんは、幻想的で良いですね、来年は覚えているといいのですが、行きたいと思います。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2012年01月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

About

2009年08月14日 20:46に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「蓮寺」です。

次の投稿は「夏本番?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

ブログのフィールドを取得

AtomAtom RSSRSS

[フィードとは]
Powered by
Movable Type 3.35