« 2008年04月 | メイン | 2008年06月 »

メインページ

2008年05月 アーカイブ

2008年05月12日

撮影会

今回のIT勉強会は野外での撮影会となった。時期的には中途半端な時期で撮影する対象物も最盛期を過ぎた花が多く苦労しましたが、初心者の自分としては色々と教えて頂いて参考になりました。

ツツジの花
先ず最初に訪れたのは「megane」さんお得意の如意寺でしたが、ツツジはすでに終っていました。写真のツツジは次に向った総合運動公園にて・・・。
不思議な花
如意寺では何時も変った花に驚かされますが、今回も不思議な花を見つけました。一見、食虫植物のようですが初めて目にするものでした。
新緑のモミジ
花の時期はかなり終りかけていましたが新緑の緑は目にも鮮やかで生命の息吹を感じさせられた。
藤の花

自然木の藤の花も終盤を迎えていてわずかに残った薄紫色の花が今年始めて見る藤の花でした。
花しょうぶ




丹後にはええもん、うまいもんがいっぱい。
あじわいのある古民家宿をはじめ、牧場バーベキュースポット、
19世紀の味の店ボート免許が取れる場所など盛りだくさん。
鯛めし京野菜などのごはんも充実。手摘みのブルーベリーも要チェックです。
開運印鑑琉球畳筆文字制作のご相談もお気軽にどうぞ。


2008年05月14日

自主トレ

念願のニコンD-80を手に入れ、ズームレンズを購入してからは余り撮影することが出来なかったが、仕事も一段落ついたので前回の撮影会での成果を頼りに家の周りの物を撮影しまくって絞りの感覚をつかむ自主トレを敢行した。以前に比べ少し感覚はつかめる様にはなったがまだまだ難しい。

p-hana2.jpg

p-hana.jpg

gleen.jpg

r-hana2.jpg

r-hana.jpg

yukinosita.jpg




丹後にはええもん、うまいもんがいっぱい。
あじわいのある古民家宿をはじめ、牧場バーベキュースポット、
19世紀の味の店ボート免許が取れる場所など盛りだくさん。
鯛めし京野菜などのごはんも充実。手摘みのブルーベリーも要チェックです。
開運印鑑琉球畳筆文字制作のご相談もお気軽にどうぞ。


2008年05月16日

藤まつり

和田山町にある大町藤公園に行って来ました。昨年も行ったのですが時期が遅かったのと前日の強風で藤の花はしおれて可也落ちてしまっていました。今回も時期的には可也遅くて今週末で閉園すると聞き慌てて行きました。花は一部で可也落ちていましたが、山陰随一の藤公園だけありまだまだ十分見応えがあります。

藤の花と噴水

1メートルを超える藤の花
園内に入ると緑萌える山々に囲まれて咲き誇る藤の花が圧倒的な迫力で迫ってきて、藤の花のやさしい香りがほのかにして辺りは幻想的な雰囲気をかもし出していました。
藤の花紫

藤の花紫

自然木とは違い最長1m45㎝にもなる藤の花房、白・紫・ピンクなどの花が、谷風に
揺らぐ藤波は見事です。

大町藤公園 藤の花白
藤の花白 1.5mの花のカーテン

紫
田舎の風景をかもし出す直径5mの水車と茅葺きの水車小屋と風にたなびく紫色の藤の花が独特の雰囲気を出している。
風車
背後の緑と白と紫の藤の花のコントラストが素晴らしい。
白と紫のコントラスト



丹後にはええもん、うまいもんがいっぱい。
あじわいのある古民家宿をはじめ、牧場バーベキュースポット、
19世紀の味の店ボート免許が取れる場所など盛りだくさん。
鯛めし京野菜などのごはんも充実。手摘みのブルーベリーも要チェックです。
開運印鑑琉球畳筆文字制作のご相談もお気軽にどうぞ。

2008年05月20日

不思議

1、不思議な花
先日、作業の合間にふと山手に目をやると黄色く鮮やかな花を発見。何時も何気なく観ている風景だが、今回始めて目に留まった。近づいてよく観るととても不思議な花弁をしている。

y-flower1.jpg
普段何気なく目にする木なのだが、こんな不思議な花を付けるとは今まで全く気がつかなかった。
y-flower.jpg

2、2年前頂いた蘭の花が最近花を付けた。
一昨年の冬に頂いたのだが、花の終わりとともに日当たりの良い窓辺に置いて水をやり続けていたが昨年は何の変化も無かったが、水は枯れない程度にやり続けていた。すると先日蘭の花が咲いているのを発見。今までに無かった事なので大変驚いたが、何か得をしたような気分。

ran.jpg



丹後にはええもん、うまいもんがいっぱい。
あじわいのある古民家宿をはじめ、牧場バーベキュースポット、
19世紀の味の店ボート免許が取れる場所など盛りだくさん。
鯛めし京野菜などのごはんも充実。手摘みのブルーベリーも要チェックです。
開運印鑑琉球畳筆文字制作のご相談もお気軽にどうぞ。

2008年05月22日

涼を求めて高原へ

まだ5月だというのに今日は大変な暑さです。標高の高い所へ行けば少しは涼しいと思い神鍋高原へ車を走らせる。アップ神鍋まで足を延ばしたが、平地の気温とさほど変らずカメラを持つ手にも汗がにじんできた。そんな中少しでも涼しそうな風景を求めて十戸の滝へやってきた。

渓流のモミジ


十戸の滝
いかにも涼しそうな風景ですが、実際のところ湿度がかなりあり汗だくで滝の下に居てもマイナスイオンを感じずに暑さを感じる。
渓流の流れ


トンボ
突然、周りにはトンボが集まってきた。おそらくミヤマカワトンボだと思うが余り自身が無い。川辺でよく見かけるトンボです。良く観てみると尾っぽがとても綺麗な色合いをしている。
トンボ2
ふと横を見ると目の前に緑の物体が飛び込んできた。なんと雨蛙がトロンとした目で木の枝の先端にチョコンと座って動く気配が無い。この暑さでだれてしまったのか眠いのか?
カエル


新緑のモミジ




丹後にはええもん、うまいもんがいっぱい。
あじわいのある古民家宿をはじめ、牧場バーベキュースポット、
19世紀の味の店ボート免許が取れる場所など盛りだくさん。
鯛めし京野菜などのごはんも充実。手摘みのブルーベリーも要チェックです。
開運印鑑琉球畳筆文字制作のご相談もお気軽にどうぞ。

このページのトップ▲

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

About 2008年05月

2008年05月にブログ「丹後/京丹後 海水浴場の宿 坂本屋旅館の主人の便り」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年04月です。

次のアーカイブは2008年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35